​特許工法「トリイ工法」のご紹介

外壁を傷つけることなくガーデンルームを取り付けることができる。オリジナルの「トリイ工法」がこのたび特許庁に「特許工法」として登録されました。

特許第5603920号 発明の名称:増築構造物支持構造 登録日:平成26年8月29日

 

1「トリイ工法」と「通常工法」の違い

LIXILのガーデンルーム(暖蘭物語・ココマⅡ・ジーマ)を設置する場合、建物の外壁に穴をあけてビスやボルトで固定するのが一般的ですが、「トリイ工法」(鳥居工法)はガーデンルームと建物の外壁の間に、アルミ角材の桁と柱を神社の鳥居のように組んで、外壁の代わりにしてボルトやビスでガーデンルームを固定する工法です。

 

2「トリイ工法」でガーデンルームを設置するメリット

外壁にキズをつけたり穴をあけたりしないので、ハウスメーカーの住宅性能保証や工務店の新築10年保証、長期優良住宅などに対応しています。また木造在来、軽量・重量鉄骨、木質パネル工法、2×4・2×6工法、プレハブ、RCなどの構造に対応している安心の工法です。

 

3「トリイ工法」はハウスメーカー住宅に対応しています

積水ハウス、へーベルハウス、ダイワハウス、セキスイハイム、パナホーム、トヨタホーム、住友林業、住友不動産、ミサワホーム、スェーデンハウス、東急ホーム、三井ホーム、一条工務店、木下工務店、東日本ハウスなどのハウスメーカーに対応しています。

※トリイメソッド(鳥居工法)はリトルグローヴが開発した特許工法です。

類似した施工方法には十分注意下さい。

​トリイ工法の施工動画の紹介

​トリイ工法施工手順の説明

01

​墨出し・加工

トリイ工法に使用するアルミ部材(桁材)をガーデンルームの間口の寸法に合わせて加工します。次に柱に使用するアルミ部材(柱)をサンルームの高さに合わせて加工します。

02

​土工事

柱を建てる為に基礎コンクリートの穴を所を掘ります。この時に建物の布基礎・ベタ基礎のコンクリートが干渉しないかどうかを確認します。

03

​柱・桁組立

ガーデンルームを建てる位置を確認して、窓の左右にトリイ工法のアルミ柱材を建てます。次にトリイメソッドのアルミ桁材と柱材をビスで固定します。ガーデンルームのサイズを最終確認して調整します。

04

​基礎工事

土工事で掘削した穴に柱の建てたら、コンクリートを流し込み柱を固定します。この時に柱の位置と桁の高さを調整して確認をします。

05

​コーキング処理

基礎コンクリート固まって柱がしっかりと固定されたら、柱とアルミ桁材と外壁との隙間は、しっかりとコーキング処理をして、雨水がサンルームの室内に入らないようにしっかりと施工します。「トリイ工法」でハウスメーカーや新築住宅の外壁に穴をあけずにガーデンルーム・サンルームを取付ることができます。